看護師のお仕事について

看護師の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。
それと関係があるのか、着飾った人が多く見受けられます。
そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。
病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると耳にすることがあります。
給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。
昨今、看護師は不足傾向にあります。
せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師として働いていない人も多くいます。
看護師不足が起こる原因は看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。
常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。
女性の割合が多い仕事なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。
外来での看護師のお仕事は、病院を訪れたことがあるならばご存知のように、血圧測定や問診、注射、点滴などを行ったり、医者の指示に従い、患者に処置を施したりします。
また、手術や検査などのときの移送も看護師の業務となります。
患者といる時間が長いので、病気を治すだけでなく精神面での気配りも必要です。
看護師は、病院やその他いろいろな医療機関で重要な役目を背負っています。
しかし、病院や医療施設のそのほとんどではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現状なのです。
医療現場では、深刻な看護師不足の問題を基本的に解決はできておりません。
今後は、ちょっとでも早くこの問題を解決していく必要があると言えます。