NTTの光通信回線であるフレッツ光が一番有名な光回線でしょう

NTTの光通信回線であるフレッツ光は、名の知れたNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も良質なサービスを提案しています。
NTT以外の会社も料金などで対抗しており、差が開かなくなってきていますが、年配の方たちから見ればNTTが確かだと思う人がほとんどだと思います。
プロバイダは星の数ほどあり、選び方も人それぞれ違います。
と言っても、キャッシュバックキャンペーンがあったり、2,3か月の無料期間がついたり、月々の費用が安いところに即決するのは失敗の元でしょう。
どんな目的でネットを利用するかにもよりますが、通信スピードやトラブルの少なさなどを重視して選んだ方が良いでしょう。
同様にソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、中途解約する際に、違約金を払わないといけないのか大丈夫でしょうか。
これは、ワイモバイルとの契約時のプランによって異ります。
契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円の解約金が発生します。
契約を検討する際には、慎重にプランを選びましょう。

http://www.hikari-netprovider-hikaku.com/